ソラのキセキ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソラのキセキ

嵐ファンからはじまった、DDと言っても差し支えないような1ジャニーズファンの覚書

2016年現場についてまとめてみた。まとまらなかった。

まだまだ2016年と記入・入力しやすいですが、2017年も1週間経ちましたね。個人的に、おめでとう、を言える場が多いことはいいことだと思いますので、今年ブログという場でおめでとうと言えることに感謝しつつ申し上げます。

あけましておめでとうございます。

昨年、ブログに訪問して下さった方、記事を最後まで読んで下さった方、あまつさえアクションをして下さった方、大変ありがとうございます。私自身、ジャニオタさんのブログを読んで、感銘を受けたり、とてもいい気持になったり、わかる!!!と強くうなずいたり、面白くて人におすすめしたりするので、何かしら琴線に触れていたのだとしたら、とても、とても嬉しく思います。今年もマイペースに書いていきたいので、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、2016年と記入しやすいうちに、昨年の現場についてまとめたいと思います!
昨年は色々なご縁でたくさんの現場に行かせて頂き、毎回毎回語り尽くせないほどの思いに浸ったので、その一旦についてちょっと、ね。現場は本当楽しかったね。というかコンサートのことを現場っていうあたりジャニーズ好きな人みたい…!すごい今書きながらわくわくしております。現場も言い慣れてない初心者です。変な使い方してたらそっと教えて下さい。

 

【2016年行ったコンサート】

f:id:coltreesky:20170108005701j:plain


Kitaraのニューイヤーコンサート★
1月9日/札幌コンサートホール Kitara

いきなりジャニーズじゃなくてすみません…!Kitaraってなんぞって感じでしょうが、札幌のクラシックコンサートを中心に行うコンサートホールでございます。

札幌コンサートホールKitara」(2017年1月8日 (日) 0:58 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%ABKitara

へぇー!体育館=鍛える=きたえる=きたえーる、みたいに、キタラに来たら?ってかけてるだと思っていたらアポロンの竪琴に由来してたんですね!?知らなかった!!
音響がとてもいいホールなので、もし行く機会あれば響きを楽しんで頂きたい施設です。

毎年ニューイヤーコンサートに行っているわけではないのですが、昨年のプログラムは前半がワーグナーが中心で、耳を幸福にしたくて足を運ばせて頂きました。楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲の、多幸感っていったらないよね。
これ聴いて、前後半の間の休憩の際に、「音楽」と「私生活」って関係あるかね?ないかね?必ずしもどっちも褒められるものにはならないよね?ってワーグナーさんとコジマさん、川谷さんとベッキーさんのお話をしていました。深くない。


KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"★
4月3日/ナゴヤドーム

KAT-TUN!!!(ジャニ―ズはまってから)初遠征!!!初ナゴヤドーム!!初アリーナ!!!
もう何もかもが初めてづくしのコンサートでした。正直こう思ったって言葉にしたら、それだけなの?それっぽっちの気持ちなの?っていう風にも思ったりもするけど、手帳にはさんざん書いたので今振り返って言葉にできるところを言葉にします。

正直言うと、行くまですごい「怖かった」。

KAT-TUNに大好きになって過去の曲とか映像とかいっぱい触れて、2015年からしかリアルタイムじゃない自分が10周年っていう節目に立ち会っていいのかな、とか、田口君の事、活動休止の事、大きすぎることをKAT-TUNがどう受け止めて、どう表現して、それをどう受け止めればいいのか、わからなさすぎて、いっそのこと行かないで、想像の中で愛してる方がいいのかな、とも思った。でも、ちゃんと向き合いたいっていうか、何よりもKAT-TUNが大好きだよ!!ってことを伝えたくて行かせて頂きました。

なんかもう、本当、楽しかった。KAT-TUNつよかった。

色々な人が書いているけど、KAT-TUNは何よりも自分たちがKAT-TUNっていう意識がすごい強くて、そのパブリックイメージを広げることはあっても、決して壊さないようにってことを主とするグループだと思うんです。その最たるものがライブだって。それを感じることができて、KAT-TUNってどこまでもKAT-TUNだって思いました。そして、受け止めてくれるっていうか。
【僕らの街で】の際に、センターステージからバックステージまで3人同じリフターで移動したんですけどね、亀梨君と上田君と二人仲良く座ってる横で、中丸君が立っててですね。パブリックイメージそのままで、まじで中丸らしいなって思った。そして、同じとき、同じ行動をしなくても、KAT-TUNなんだよって言ってるような気がしたんですよ。そして同様に、ハイフンってファンを一括りに呼ぶこともあっても、皆それぞれ思いは違うだろうし、どんな思いを持っても、KAT-TUNでその思いを受け止めるよって。

過去のステージをきちんと踏まえた上の演出に大興奮したし、【NEVER AGAIN】なんか飽きるくらい聴いてて田口君パートを中丸君が歌った瞬間になんかぶわーーーーって溢れてきて、同時に『SUMMARY 2004』が浮かんできて楽曲の歴史感じたし【4U】歌いながら大合唱できてる今までの出会いに感謝したり【PRECIOUS ONE】の上田君のピアノにもう人ってここまで泣けるのってくらい泣いたし【Peacefuldays】でめっちゃ声出したし、跳ねたし、騒いだし、DVDで何度も見てた『We are KAT-TUN!』をやった時の手の温かさ。めっちゃ楽しかったー!って今日振り返った私の思いも、昨日、なんでKAT-TUN活動再開しないんや…って悲しい気持ちも、なんか全部思っていいよって。感じていいよ。日々気持ちが同じじゃなくても、KAT-TUNがそうあったように、受け止めるよって私には伝わったんです。

たぶん、3人のKAT-TUNKAT-TUNとしてどうあってきたか、どうありたいか、すごい考えた上でのステージだったんだろうなって。3人それぞれKAT-TUNを受け止めたってわかって、そのうえで楽しませてくれてるのすごい感じました。だから、一言で言います。楽しかった。


★Welcome to Sexy Zone Tour★
4月9日/北海道立総合体育センター北海きたえーる

行くまでまじで忙しかった…!
毎週うちわ作ってたからね!?NEWSのうちわ作って(行けなかったけど魂代わりに、うちわ持っててもらったんです)→KAT-TUNのうちわ作って→4日に札幌帰ってきて、Sexy Zoneのうちわ5日間で作って。実際当日まで家ではさみで切ってて。間に合ってよかったよ…!!!!

Sexy Zoneもはじめてだったんですけどね!震えたね、ぶわって。

というのも、過去DVDとか見ないで行ったんです。アルバムこそ聞いてたものの、どれ買おうかなって悩んでるうちに来ちゃったっていう。だから驚きと感動の連続でした。まず、ジュニアのユニットがちゃんと紹介されるライブはKAT-TUNのライブDVDでしかしなかったから、少年倶楽部で見てた面々がちゃんと名前呼ばれてダンスして、つーか通路近い!?ぇ?!まじで?!これ!?KAT-TUNで見てたキスマイじゃん!?え!!?って具合で、感動して。で、オープニングおわっってSexy Zoneが出てきて、本物だー!!!!からの【カラフル Eyes】。あの瞬間にならいつでも戻りたい。Mステとかで見てて、テレビの前や友人とのカラオケで、「あ~~~いす あ~~~いす」って手をグルグル回してたんですけどね、
それをこう会場全体で何も言ってないのにですよ?!だいたいこの楽曲4ヵ月前に発表したばっかりじゃないですか?!それを、みんなでグルグルまわして、ペンライトがぐるぐる~~~ってなったですよ。この会場にいる人は年齢も住んでるところも昨日どこにいたのか今朝何を食べたのか全員違うのに、楽曲始まった途端にみんな同じ動きしたの。隣の人、前の人の名前も知らないけどSexy Zoneを好きって気持ちは同じで、皆んな来る前からMV見たりテレビ見ながらグルグルしてたんだなってわかって。会場と一体化するって、あ、これだ、この瞬間だって。めっちゃくちゃ綺麗で皆Sexy Zone大好きってわかって、その気持ちと行動と一体感と高揚感とはじまった興奮と感動でいっぱいでした。

その後興奮冷めやまないうちにいつか聴きたいと思ってた【ぶつかっちゃうよ】が来てなんなん、きみたち、わかってる!!!私のためのコンサートやん!?っていうか、聡ちゃんすごすぎるから!!意識して他見ないと全部目線聡ちゃんにいきますから!この楽曲で聡ちゃんから目を離せなくなりました。

演出等に随所にジャニーズらしさ(私の言うジャニーズらしさ、というのは『SUMMARY 2004』の演出ですが…)を感じすごい過密な舞台を真摯にこなしているということがはっきりとわかりました。Sexy Zoneの歴史はただの5年じゃないんだなって。あと、なまじ少年倶楽部で見てるジュニアつくから、走り回られると目が足りなくなるね!!?聡ちゃん近くに来たら聡ちゃん見ちゃったけどね?!


★JIN AKANISHI LIVE TOUR 2016 〜Audio Fashion〜★
8月11日/わくわくホリデーホール(札幌市民ホール

2015年にKAT-TUNどはまりして、6人の時も大好きで、そのまま赤西仁のソロアルバム聴いててですな。2015年に札幌に来たのはハマってから知ったんだけど来るって知ったの1ヵ月前くらいで行けなくて。1年越しのライブに行かせて頂きました。

行かなくちゃ、触れなくちゃわからないこといっぱいあるってまず思いました。
もうソロ活動して数年だから、今の赤西仁を知っている人が当然ながらいっぱいいて。でも自分はCDでしか知らなくて、ステージ上に立つ彼を見ながら、KAT-TUNを脱退して自分のステージで活動する、ということがどういうことか、文字上でしか知らなくてすごい恥ずかしかった。私が見た赤西仁のステージは赤西仁が作っているステージなんだって強く感じました。
KAT-TUN時代のDVDとかでもすごいパワーがあるから、これをリアルタイムで感じるって、そして脱退って、行く前も想像でしか語れないなーって思ってたけど、行ってからは、全く想像できなくなった。赤西君の事を書いているブログもたくさん読んですごい人だった、すごい感情を動かす人だったっていうのを感じてて(そのせいで出口を見つけられなくなったっていうブログも読んでせつなくなってたけど)触れたら、なるわ、これは。すごいもん。
声、動き、全てに力があって、空っぽになってすごいいいもので満たされるっていうか。同時に、本人が望んだ望んでないに関わらず、もしもとかなんか色々な可能性を人に想起させる力のある人だなって思いました。たぶん赤西仁が今、自分のやりたいことを真剣にやってて、充実してて、まっすぐにパワーに変えているせいも大きいんだとは思うけど。すごいものに触れた感じ。


★Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.★
9月18日2部/北海道立総合体育センター

2部って書いてるよ!?2部って!!そう、2日間で3公演やったんですよ、JUMP君達。
すごいね!?すごすぎる!そりゃ昨年チケットとれないわ、伊野尾さんのポスター売り切れるわ、高木さんのファイル売り切れるわ、当然だわ!!!!!

【Ride With Me】のMVを、これあれでしょ?山田君かっこいいって思ったら負けでしょ?って言いながら見たのが2015年。その後【Come On A My House】のMVが個人的に好きすぎて会う人会う人にこのMVを紹介しまくってた私、ちょっと反省した方がいい。Hey!Say!JUMPの魅力はMVにある、とか言ってたけど(JUMPing CARnivalを鬼リピしてるうちにそうも言わなくなってたけど)あの時の自分本当に反省して。何もわかっていない。

2016年初めてHey!Say!JUMPのコンサート行きましてですね、Hey!Say!JUMPの魅力にどっぷり浸かってきました。ちょっと日本語にできるところからしていくね。
あの独特の空気感が忘れられない。なんか、台風を目の前にしているって言うかビッグウエーブくる直前っていうか。ファンの気持ちと、JUMP君たちの決意と全てが上手にかみ合って、大きな力になっていて、そしてそれ以上になっていくのがわかるっていうあの空気感。その瞬間に今立ち会っているって言うのがわかって、嵐も他のグループも全盛期というか大きくなった後しか肌で感じたことなかったから、ジャニーズでそういう空気感に触れられたこと、そしてその大きさが、今まで見知ってた他ジャンルの同じ力より、巨大で熱かった。

なにせ、ツアータイトルが、DEAR.ですからね、信愛なるあなたを紹介するコンサートですからね。見てたDVDよりも、JUMPとファンが一体というか心が寄り添っている感じがして、そして同じ方向を見てるわけですから。大きくてあったかくて、熱い。あの気持ちってすごいどのグループでも感じなかったです。

 

で、これが全体の感想ですが、ちょっと個人的な…お話を…。私は割とコンサートに行く時は、この人を見る!って決めて行く(まぁ、大体が担当)んですけど、JUMPは誰中心にみるか決めかねてて、正直誰に落ちるのもありだって。

で、今回チケットのご縁を繋いでくれた妹が岡本君が大好きなので、けいとって書いた団扇を作って持って行ったんですよ。基本はけいとを見たよ!?けいとを。ダンスフォーメーション的に逆サイにいるのも、髪結ってるのも、【僕とけいと】で知念君の後ろに可愛く乗っている(かぶっている)けいとも、タンバリン持ってバックステージで遠いけいとも、MCで逆サイで一歩引いて立っているので、メンバーで隠れているけいとも、極めつけは【SUPERMAN】でシャンデリア近くだー!けいと近くだー!って騒いだのもつかの間、ゆーてぃが振る旗と、かぶっているけいとも、いっぱい見ました。つまりいっぱいかぶってました。けいと。
同じくらい見ようと思わなくても目に入ったのが、高木くんでした。1曲目の【Masquerade】が本当目の前でさ…恐ろしくスタイルよくてさ…めちゃくちゃかっこよくてさ、後ろに鬼火高木ファンがいてさ(本当にすごかった、【Mr.Flawless】の後その二人大丈夫かなって心配になるくらい)アンコールで眼鏡かけて出てきた高木君がそれはそれはかっこよくて可愛くてしかも一番近いトロッコできてさ、後ろのその高木担へ向かって「わかってるよ」って頷いて優しくてさ。これはもう終わったら後ろの鬼火高木担へ土下座するしかないなって思った矢先に、【愛すればもっとハッピーライフ】でトロッコが戻ってきたんです、八乙女光を乗せて。私の後ろから前へトロッコが通ったんです。八乙女光はしゃがんで片膝に肘乗せて頬杖ついてたんです。

言葉にできない

それからのことは正直よく覚えてません。一生懸命今あったこと、気持ちを言葉にしようとしたんだけど、出てくるのは「ひかるくん…」って名前だけで、名前呼んだら幸福感でいっぱいで、今この時の思いとか全部出て行かないように体に力入らなくなって、項垂れながら友人について会場を後にして、気づけば黄色い筒(ポスターのことだ)握ってて。今でもよくわからない。とりあえずJUMPを見たら今は「ひかるくん・・・・」って言ってる。それだけで幸せ。ひかるくん・・・。


★We are KinKi Kids Live Tour 2016 TSUYOSHI & KOICHI★
10月22日/真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

coltreesky.hateblo.jp

の日記で大分書いたのでね。初めてのKinKi Kids
上から登場してほしいって思ってたけどまさにその通りで。本当にここは天界か真駒内かってかんじで。満たされ具合がすごかったです。
で、同じように書いたけど、KinKi KidsKinKi Kidsであることを様々と感じました。【陽炎~kagiroi~】【Plugin Love】等で二人がそれぞれ別の動き、ダンス、ストップモーションをしてたんだけど、お互いがお互いでそれぞれ表現を誇りをもって行っていて、決して交わることはないかもしれないけど、信頼はしていて、そして、重なった瞬間が最高にKinKi Kidsで。
これでもかってくらい、歌声で天界いって、KinKi Kids最高ってなったうえに、ダンスとうか表現でKinKi Kidsの在り方を見せられて、同じリフターに乗った瞬間が本当に忘れられない。互いに同じ目線で立っているのがKinKi Kidsだって、見せられて見入った。


★ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?★
11月11日/札幌ドーム

今年も行かせて頂きました。もうあの空間に入れたすべてに感謝します。嵐さんに会えて本当に良かった。
ツアー中なので(今日がオーラスだー!成功をご祈念します!)詳しくは終わったら記事にしたいと思っているのですが、今回DVD見てた、『あの嵐コン』に行ったって感じがすごい強かったです。たぶんアンコール楽曲やずっとやりたかったC&Rが出来たせいが大きいんだろうけど、嵐のコンサートにいってきたよ、って声を大きくして言いたいコンサートだったと思います。

ちなみにずーーーーっと櫻井さんを見ててですね、あぁ、私本当に櫻井坦なんだなって強く思った。翔さんは一挙手一投足魂を込めてたと思います。2015年のARASHI BLAST in Miyagiの【Hip Pop Boogie Chapter II】では言葉にして、自分の思いを伝えてくれて、そして2016年もたくさんの活動を通じて櫻井翔の考え、向き合い方を示してくれてたけど、ライブでは身体中で、示してくれてたように思う。過去を受け入れるとはどういうことか、そして示す未来。櫻井翔の、嵐の行きたいところ。
単純な上っていう風にはもう言えない年齢であること、でもその気持ちもまだあること、向上心だけではどうにもならないことがあること、でも友がいて、自分がしっかり歩いていれば、すごい光あふれるところにいけること、まだ先があること。それを「示してくれた」気がする。すごい幸せ。


関ジャニ‘s エイターテインメント★
12月10日/札幌ドーム

こちらも、ツアー中なので終わったらまとめようと思っています。
はい、あの雪の、あの色々伝説的なあの日。
はじめて関ジャニのライブに行かせて頂きました。関ジャニさんは本当に予習不足っていうのが大きくて、C&Rも『EIGHT×EIGHTER』でやっているのしか知らなくてこんな人が行っていいのかなって不安が非常にありました。
でもエイターさんみなさん、

「大丈夫ですよ、楽しいですよ」って

仰って下さって、半分本当で半分は違いました。いや、C&Rを全部知らなくても大丈夫って言うのは、本当だったし楽しかったのも本当だわ、やっぱ嘘じゃないわ。でも、楽しかったよりも優先する感情あったわ。

関ジャニ∞めっちゃかっこいい

知らなかった、なんなのかっこよすぎるから、関ジャニさん。【NOROSHI】が本当に熱くてかっこよくて、花火でてかっこよくて、気持ちは行っててかっこよくてなにこれ。いや、関ジャニがカッコイイのは想定してたよ!?想定外だっただけで、想定外を想定せよなんて言われたって無理だし、まじでかっこよかったです。CD買いました。かっこよかったです。演奏がいっぱいあるLIVE DVDなんですか、見たいです。
一番好きな曲は【I to U】です。

 

 

まとめたー!!!まとまってないけどまとめたー!!!!
全てのライブにいえますが、ご縁のあった方々本当にありがとうございました。

私は本当にどの現場にはいってもこれでもかっていうくらい幸せで、楽しくて、いっぱい泣きました。ありがとうございました。


2016年は本当に色々な現場に行かせて頂きました。ペンライト並べながら本当行ったなぁって思いました。書き足りない部分や、2016年の現場以外の事、嵐や関ジャニさんはまた別にあげれればな、と思っています。

今年はどんな年になるか全然わかっておりません。

12月後半~お正月はNEWSのカルテットコンDVD見て、宝塚の「モンテ・クリスト伯」見て、うたプリのマジLOVELIVE 5thを鑑賞会で見せて頂いて…おります。楽しいです。


こんな私ですが、好きなものを全力で好き!と言って、応援していきたいと思っているので、よろしくお願いします。