ソラのキセキ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソラのキセキ

嵐ファンからはじまった、DDと言っても差し支えないような1ジャニーズファンの覚書

ジャニーズ楽曲大賞に投票しました!

試される大地北海道も全国同様に試されております。こんな日は大好きなジャニーズのお話をしてあったまるしかありませんね。

ということで、先日期日ギリギリになりましたが…

ジャニーズ楽曲大賞2016

に投票させて頂きました!

もう、本当にこの企画知った日から大好きです。投票の熱い思いがね、本当に。

この楽曲がいいですよ、と、ようつべぺたり、が出来て、あいちゅーんで即購入がね、できたら早いんでしょうけど、それが出来ないジャニーズ。だからこそ!楽曲のよさ、知った時の衝撃、ライブでの感動、様々な方がこの曲いいんだよ!!!と熱い気持ちを乗せている熱いコメントを書いてくださるんでしょう。その思いが、言葉が、本当大好きです。
大好きで素晴らしいから、読めば読むほど、更にその楽曲が大好きになって、聞いたことなかった楽曲は聞きたくなるし、パフォーマンスが良かった!とか書かれるとライブ見たくなるし、DVD欲しくなるし、果てしなく欲望が抑えられなくなるんですけど…。でも本当みなさんの愛に溢れていていいなぁ、と思います。

熱い思いに溢れているので、主催者様は本当に編集が大変だと思います…。どうか御身体に大切になさって下さい。

 

というわけで、本日は私の投票楽曲について語りたいので、語らせて頂きます。

 

楽曲部門1位 「NOROSHI」/関ジャニ∞

かっこいいから!!!この曲本当にかっこいいから!!!丸山さんのベースと大倉さんのドラムとシンプルでめちゃくちゃかっこいいイントロがはじまり、村上さんのピアノ、渋谷さん安田さん錦戸さんギターが入り、横山さんのトランペットで音がそろってからの、「ハッ!!!」って。この重なり、バンドの音。なにこれ、かっこよすぎる。

私、横山さんがトランペットを吹けることを知らなかったんですが、バンドとホーンの相性の良さよ…!素晴らしすぎる。ラストサビのティンパニ&ボーカルからの、持ち替えて最後関ジャニメンバーの声に合わせてトランペットでユニゾンしてるんですけど、熱すぎるから。最高の盛り上がりを見せてくれます。

掛け声をイェーでもヤァでもなく、ハッ!ってもってきたのが最高に熱い。漢のノリが良く出ているし、土竜の唄の主題歌ってことで任侠によせてるんだと思うんですが、ばっちりです。ハマりすぎてる。

好きな歌詞は2番Bメロの「君に何が守れるのかね?」です。かね?って…かね?って…ちょっと!!こう、プライドを刺激する煽り感嘆句が他にあります!?渋谷さんがそこまで嫌味っぽく歌わないところもなお良し。(めっちゃビブラートでのばすけど)くすぶらせてるプライドに火をともせ、狼煙をあげろって伝わってくる。本当かっこいい。Mステで見たのが最初だっけな…かっこいいな、くらいだったんだけど、ライブでダイレクトに受けた熱さが更に後押ししました。また聞きたいなー!!

 

楽曲部門2位 「UNLOCK」/KAT-TUN

スタイリッシュ!!
小刻みのギターではじまり、ウィスパーボイスでラップが入り、緊張感と高揚感と疾走感がうずまき期待が最高にたかぶったとこで、ほんの一瞬の空白→year→亀梨君「濁り混じった~」っていう展開が、余計な要素何一つなくてパーフェクト。一瞬の間がいいんですよ、高ぶり感でそのまま楽曲にいかないところが。その前のウィスパーラップにも言えるけど、KAT-TUNって声を楽器というか楽曲のファクターとして使うの上手だなぁって本当思う。

ロック楽曲って言うからすごい早いのとか想像するんだけど、テンポはそこまででもないです。それが逆にカッコよさを引き立ててると思うんだけど!決して煩すぎない伴奏と展開が素晴らしいです。Cメロだけすこーしゆったりで歌詞がよく聞き取れるんだけど、今回これがね、4人で歌う最後って事で出してるからそれぞれ最高のパフォーマンスしようっていうのが伝わってくるのね。泣ける。

スタイリッシュであまりキャッチーによせてないから、正直掴みはそこまででもなかったんですが、全然飽きない。何回聴いても飽きない。私が楽曲を評価するのに飽きないっていうのはかなり大きな要素なので2回言いました。聞くたびに好きになっていくっていうか、聞く→あ、好きだ→聞く→あ、好きだの繰り返しで好きの頂きが見えません。本日も再生、好きが積み重なっていくよ。

 

楽曲部門3位 「陽炎~Kagiroi」/KinKi Kids

KinKi KidsのNアルバムからの1曲です。自分の内的世界に働きかけてくるような楽曲。私、Nアルバム、「鉄塔の下で」→「ホタル」→「陽炎~Kagiroi」って流れが大好きなんですよ…。その中でもこの曲単品で好きすぎて選ばせて頂きました。

不協和音が静かに聞こえてきて、静かな世界、闇とも光とも判断つかないようなそんな世界に迷い込むというか、自分の精神世界の奥深くというか…そんな世界から始まり、リズムが入ってくる。そのリズムがまた力強く生きること、進むことを示していて。降り注ぐ光は何にも邪魔されず、それは世界の優しさのようで。楽曲の要素がいくつか出てから、KinKi Kidsさんの第一声とともに鳴り響く6音のストリングス。ひょっとするとノイズにも聞こえる、それは何度も繰り返され、精神世界と外界との摩擦にも思える。その中で歩みはゆっくりかもしれないけど止まらないから、そんな世界ででも優しさ、アイもあって、なにを残せるのか、何を大切とするのか、どこへ行くのか。

問いかけてるのかもしれないけど決して暗すぎないところが引きこまれながらもどこか心地よさがあるんですよね。そんな世界の始まりから向かう先、自分の歩みを体験させてくれる楽曲、KinKi Kidsさんの表現力に感嘆しました。こんな楽曲に出会える自分の人生に拍手を送りたいくらい。是非体験して頂きたいです。

(ちょっとね、がんばって書いてみたんだけど途中で何言ってるのか自分でもわからなくなってくるんだ…曲の良さを説明するのって難しいね…)

 

楽曲部門4位 「I Scream Night」/Kis-My-Ft2

心地よさが随一の楽曲です。Kis-My-Ft2のアルバム「I SCREAM」のボーナストラック抜くとラストの楽曲なんですけど、すっごい気持ちいい。

このアルバム、勝手ながら朝から夜への移り変わりって感じで聴いていて、ラストのこの楽曲はNightってあるくらいだから明白なんだけど、夜の楽曲なんですよ。星屑の下、Kis-My-Ft2とパレードしてるみたいな。明るくて少しだけ切ない。もう少しだけ一緒にいよう、声を出してもう少しだけ騒ごう、夜は終わってしまうけど騒いだことは終わらない、僕ら一緒にいるよっていうメッセージを心地いいトランスサウンドに乗せています。こんな優しくて、アイドルに伝えてもらいたいことも無いと思うんだ。

それまでのアルバムの流れ、楽曲も素晴らしかったんだけど、あー良かったなーって思いをこの楽曲が最後にくることで更にもう一段階二段階も増してくれるの。もともと自身がトランスサウンドが好きって事もあり、それにKis-My-Ft2の声がとても合っていて、良かったなーってすっごく癒されました。

ずーっといつまでも聴いていたい、あぁ好きだなーって自然に思えるそんな楽曲です。

 

楽曲部門5位 「ヒカリノシズク」/NEWS

これは、NEWSの2016年初シングルで加藤さんの小説をもとにしたドラマの主題歌でした。加藤さんがずーっとお仕事としていた小説が、形になって、そしてNEWSの仕事になって。また歌詞が「何度も何度も僕ら歌うよ」ってNEWSの歴史、そして想いそのままな楽曲で、NEWSにとってすごく意味のある楽曲だったと思います。
でも、私は!この場はそういう、エモーショナルな部分をとっぱらって楽曲大賞は選びたかったんだ!!で、とっぱらって考えたときにやっぱり選びたいって思ったんだ!!それくらいこの楽曲は力があった。

自分で歌った時に自然に気持ちが入っちゃうんです。これはそうそう体験できることではないと思うんですよね。しかもその入った力に負けないというか、寄り添ってくれる楽曲の優しさっていったらないよ…。

実は、ちょっと不格好だと思うんですよ、この楽曲。音階って言うのかな、素直じゃない。もっとキレイな音で切なさとか表現もできたと思うけどあえてそうしなかったというか不格好さを残したというか。それが強さであって、なんていうか何回も歌える、磨けるっていうのかな、歌う度に気持ちを載せて違う表情を見せる魅力になっていると思うんですよね。

歌い手の気持ちを乗せて、聞き手に届けてくれる、あくまでその気持ちに寄り添ってくれる、主張過ぎない本当タイトルのような楽曲だと思います。大好きだ。

 

未音源化部門 「該当なし」

ごめんなさい…。少年倶楽部で少ししか見てなくて完全に勉強不足…。

 

MV部門 「復活LOVE」/嵐

担当だから、じゃないよー!違うよー!!!
同世代の生田斗真君が演者として出てたからじゃないよー!!違うよー!!!

私、1カット撮影が大好きなんです。1人称視点のようで臨場感と緊張感、ドラマ性が伝わってくる。この度嵐さんがイントロからサビまで完璧な1カット撮影でしてね…一人一人が移り変わって瞬間瞬間主役で、それだけでもう最高の一言。もっというと衣装もライティングも至高。で、瞬間瞬間の主役が終わると、メンバーは次、というかサビに備えてて。サビはカットの後5人の揃ったダンス、2番は横並びになるんだけど、それが「嵐のMV」ってそのままをただただ画面から教えてくれて、打ち合わせを蜜にやったこと、各々が役割を果たしていること、真摯に向かっていることを様々に感じまして…いや、もうすごかった。

作品としての完成度が群を抜いて好みだったので。ね!?担当だからじゃないでしょ!?

 

コンサート部門 「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"」

2016年いっぱいコンサートに行かせて頂きました。その中で、誰かに一つだけ話すなら、「行って良かった、なにか、とはちゃんと言えないけど何かを受け取ってきた」ってそういう気持ちを添えて一番話したいコンサートだったので。特別です。

 

ベストバイ部門 「I Scream」/Kis-My-Ft2

今年久しぶりの復活らしい、こちらの部門。文句なしにこれでしょう!!!

というのもリリースまであまりちゃんとチェックしてなくて、妹が買ってきてくれて。Kis-My-Ft2のアルバムを聴いたのが初めてだったんだけど、1曲1曲の質の高さ・楽曲の豊富さに驚き、トランスサウンドは好みだし、個人MVのプロデュース力も素晴らしくてそれぞれメンバー大好きになったし、合同作のドキュメンタリーはKis-My-Ft2の仕事への取組み、歴史を快間見れるし、何とってもすばらしかった。ポップな装丁も触り心地も。

コンサートDVDが12月に出てるんですが、それ買いたいなって思うくらい好き。そうやって次に繋がりそうなくらい自分にとって意味合いの大きいアルバムでした。っていうかたぶんDVD買うな、これ。

 

担当部門 「櫻井翔

 


書いたー!書いたよー!!!今回はなるべく、エモーショナルな部分を抜いて、自分がその楽曲を好きって言えるかどうか、語れるかどうか、という視点で選んでみました。ライブでパフォーマンスに触れるとぐぐぐっと押し上げられる楽曲もあるなって思ったなぁ。そして意図した部分も多少あるけど色々なグループ入ったね…あっちゃこっちゃいってるね…。

選んでる最中に思ったことを言葉にしたのですが、音楽的知識はないので、どういう点で優れているとかそういったことはわかりません。主観でしか語れない。だからこそ、どうして好きなのか、全力で語ることが許されているんだろうなとも思いました。

また、改めてこういった熱い思いを共有できる場を、毎年提供して下さっている主催者様には感謝しかないなとも。

重ねて御礼申し上げます。

選んでると、2016年色々な楽曲が出たな~って思いました。また、集計発表とともに振り返れるんだな~って思うと楽しみでしょうがないです。結果発表も楽しみましょう~~~。