ソラのキセキ

ソラのキセキ

嵐ファンからはじまった、DDと言っても差し支えないような1ジャニーズファンの覚書

「自担の人生をかけた人生ゲーム」をやってみました!!!

本年1月に、下記の素敵な記事が投稿されたことをご存知でしょうか??

lgc-24.hatenadiary.jp


「自坦をコマとして人生ゲームをする!」この人生ゲームが楽しそうで、ジャニオタの友人4人とGWにやってみようという話になりました。

面白いのは、参加者2人はブログを教えたのをきっかけとしたのですが、残り1人からは「面白いブログ読んだんだよね」って逆紹介があったことです。世界狭いッ!
「自担のコマで人生ゲームって記事読んでね」「知ってるよー!ろじこさんでしょー!」「そう!ランボルギーニ手越w」「小山さん二人」「開拓地に村上信吾」…などなど、件のろじこ様の記事について盛り上がる盛り上がる。
お互いどれだけ読み込んでるの!って感じなのですが「これを、皆でやりたいんだよね~!」「がってん!もう、小山担と桐山坦に話して二人ともOKって」


…と。前置きが長くなりましたが、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。二度目ましての方本当にありがとうございます!!
本日は、先にあります通り友人達と行った、「自担の人生をかけた人生ゲーム」について書いていきたいと思います。

やり方等は、先のろじこ様の記事に基づいてます。詳しいことは是非冒頭の記事をご確認くださると嬉しいです!!

 

 ※ここからはブラックジョーク過ぎととれるネタであったり、熱愛的なデリケートなこともネタにしています。私含めプレーヤーに他意はないのですが、深読みしすぎてしまう方や、誰であれ自坦の横に女の子が並ぶとか無理!といった方は引き返して頂けると幸いです。(特に伊野尾坦)
割とどんなネタでも許せる、という方のみ続きをお楽し下さい。

 

~コマづくり~

先に友人にそれぞれコマにしたい画像を送り、作ってきてもらった結果。

f:id:coltreesky:20170510221652j:plain

4人でやるって言ったね??数がおかしい。(ジャニーズじゃない人もいる)

 

~1回戦~

この中から4名選んで1回戦目を行いました!

①コマ作りをしてくれたジャスミンさんは、スケボーに乗った大好きな桐山君
②逆紹介してくれた昨年突如としてJUMP坦になった兼ハロオタさん。「伊野尾さんが担当かどうかって言われると、難しいんだけど…絶対エース山田に目がいくことが多いし……」等と普段から言ってたのですが、今回は伊野尾君で参戦。
③BYAKUYAの歌声で小山さんに恋をした図書委員さんは、キンキはあくまで歌が好き!ということで、小山さんを選択。
④「私にとって担当って、アイドルを自らの意思で選んでることが大事で、アイドルじゃない櫻井さんを自担と呼んでいいか(以下略)」とうるさい私は、櫻井さんの人生を担ってみました。

 

ちょっと待って!この慶ちゃん!!なんなの!?チャラくない!チャラすぎない!?

f:id:coltreesky:20170510222052j:plain

画像を選んだ小山担は「可愛いと思って」と言ってたのです。【恋を知らない君たちへ】のジャニショ写真。確かに可愛いよ、写真は。私も買った。でもなんだろ…印刷の関係か背景がないせいか、わからないけど、とにかくチャライ。

周りがチャライチャライ言うもんだから、この後の小山さんの人生は、激しく楽しいことになります。小山さん、及び写真をチョイスした友人の名誉のために言っておくと、彼女は優しくてかっこよくて可愛くて素敵な小山さんが、本当に本当に大好きで、とにかくこの写真も「可愛いから!!」という理由で選んだそう。
甘いものが大好きだからそれ関係のお仕事に、就かせてあげたかったそうです。でも、ごめんね。チャライって盛り上がっちゃって。

ちょっと待って!その2。
「櫻井さん何に乗ってるの!?」
「乗り物がwww」
「いや、ランボルギーニなかったから、せめて何かに乗ってる櫻井さんをって探したらこれしかなくて…」
「だから、何に乗ってるの!?」
「嵐の夢…の生き物…?」
「なにそれwww自動車(?)保険は入れるの?」
「入れるよ!!入れますよね!?入りますよ!!!」

 

とにかく!!!幸せな自坦の人生を願って、スタートです!
ルーレットの順番は、コマの生まれた順にしました。

 

【職業選択】

・櫻井さん「デザイナーになれる」
何故かデザイナーは、ランクアップすると建築家になれるんですよ。何故か知らないけど。
向かいの伊野尾坦が「建築家にさせてあげたい…!」*1と言ってる。
でも、ここでデザイナーになっておかないと、櫻井さんがまさかのフリーターになってしまう可能性大。それはダメだ!!翔さんなら、Casa*2で連載持ってるし、行けるはず!ってことで。

「伊野尾坦、ごめん!!!デザイナーになるわ!!!」
「いのお~~!建築家ぁあああ~~~!!!」
→櫻井さん:デザイナーになる。

・小山さん「医者になれる」

小山さんに職を!と息こんではじめた小山坦。いきなりの職業選択はまさかの、ドクター。
あんだけ開始前にチャライ言われてた小山さん。ここでも「このビジュで医師はないよ!!!!」と大盛り上がり。
最初こそ、可愛いのに~!って言ってた小山坦も、
「どうしようw私もそんな気がしてきたww」
と言い、医者を放棄!!!!
→小山さん:フリーターになる。

・照史くん「パティシエになれる」

→照史くん:満場一致でパティシエになる。
趣味はダイエット、特技はリバウンドが最大限に活かせそうだね★小山担が恨めしそうに見てる気がするが、きっと気のせい。

・伊野尾くん「アスリートになれる」

いのちゃんが!?ジャンプ1運動神経の悪いと言っても過言ではない、いのちゃんが!?加藤シゲアキさんから運動音痴なジャニタレ1位の座を奪いそうな、いのちゃんが!?JUMPartyの体力測定やボーリングを知ってたら、躊躇うのも当然。

伊野尾担がつぶやく。
「いや、そりゃ幸せにはなってほしいよ。職もつけてあげたいし…。でも……無理ジャン…」
「そうだね…」
→伊野尾くん:フリーターになる。

半数が定職につかないまま始まってしまったゲーム。

「フリーターのお給料ってどうするの!?」
「ルーレットで出た数×1000だって!」
「何それ、すっごい不安定!!」

「あ、生命保険入れるよ!!」
「保険いらないから、職下さい」「頑張れ」
「この小山さん、保険とか入るの!?」
「無理じゃね!?」「「なにそれ?」って言ってそう」
「違うもん!小山さんそんなんじゃないもん!…でも、この小山さんは言いそう…」
「あきらめたwww」
「保険いいから職を…」「だから、頑張れ」

保険ひとつでこんなに盛り上がるから、自担人生ゲームすごい。

 

【結婚マス】

小山さんが最初に止まったんですけど、この結婚マスって強制イベントなんですね!!!(ろじこ様のブログにも書いてるよ!)強制的に結婚できる世界…アラサーの私たちには羨ましい世界ですが…

「え、ちょっとまって!結婚って必ずするの!?」
「みたいだよ!!」
「ぇ、○○○○のコマとか作ってないよ!?」
「○○○!!?○○○いないよ!?」
「○○○○はどこだーーー!!」
(互いに、ここ最近のスキャンダルのお相手の名前を呼び合うカオス空間)

桐山坦「浮いた話が…ないッッッ!!!」

「「「さすが」」」

どうするの?と言い合ってた流れで、誰かが言い出した。

「もう、いいんじゃない!?シゲがパートナーってことで。」
「それだ」

シゲちゃんをパートナーに、人生を頑張ろうとする小山さん(と小山坦)

小山坦「もう、シゲに人生正してもらうわ」
シゲ坦でもある、桐山坦「はい、シゲ」
小山坦「ちょwwwこのシゲもチャライwww一緒にパリピじゃんwww小山さん正してくんないwww」
「パリピってるww」「ちゃらwww」
小山坦「無理だー!もう2人でパリピな人生しか無理だーー!」

この後、タウンコース(郊外をイメージした家庭的なコース)とシティコース(都会をイメージしたアクティブなコース)を選択するのですが、

パリピってるコヤシゲは、いつもアナウンサーでお疲れの小山さんを郊外でのびのびゆったりさせてあげたい小山坦の思いむなしく、シティコースを歩むことに。


櫻井さんのパートナーは、松本さんを希望したのですが、こんなこと想定外のためJのコマがなく。櫻井さん大好き♡なマッスーをお迎えしました。

f:id:coltreesky:20170510222217j:plain

 

少々遅れて、伊野ちゃんご結婚ー!

「誰パートナーにするの?」
「それは…やっぱり、本家でしょう!!」

と、兼ハロオタの彼女が伊野尾さんの横に迎えたのは、ハロプロメンバー岡井千聖ちゃん。
いいなぁ、伊野ちゃん。女子が隣でいいな~と羨望の眼差しを向けられる。

「岡井ちゃんってどんな子?」
「ムードメーカー的な…明るい感じの……少し天然で……。あのグループの○ちゃんと…」
「「ぁー!」」

異色の組み合わせ。伊野尾担いわく、岡井ちゃんの尻にしかれるのでは、と。

紆余曲折経て、照史君もご結婚。パートナー制度が始まった瞬間に、桐山坦の心のうちは決まっていたようで。

「隣は…高木君です!!!」
「なんで!?」
「3期のごくせん!!!」
「ぁーーーー!そうだ!淳太君*3と照史君、ゆうやも出てた!あんま記憶ないけど!」
「私はあるよー!」

と、ごくせん3期トークを開始。
きっかけあれば話が広がる・自担人生ゲームすごい。

f:id:coltreesky:20170510222405j:plain


【家を買う】

・職についてる、櫻井&桐山は身の丈にあった家を購入。

・小山さんも身の丈にあった家を…って思うけど、もうこの小山さん絶対違うよね。
小山坦も最早開き直ってきたのか

「もうこのコヤシゲ、家を買わないんじゃない!?だってフリーターだよ!?」
「それか、タワマン(ゲームの中で一番高い家)だよね」
「ぇー!?どっちだろ。この小山さんなら、家なんかいいよ~って言いそう」
「でもシゲは家欲しがるんじゃない?!」「確かに!それなら、郊外の家はないよね」「ないね」
「もういいよ!タワマン買いなよ!!!!」
「毎日パリピだよ!」
「わかった。もう、お前ら、タワマン買うから頑張れ」
→パリピコヤシゲ、借金してタワマン購入。

・フリーター(伊野尾)、家を買う。
人生ゲームならすぐに二宮さんのドラマが出来ますね!と冗談はさておき。
伊野尾坦は「フリーターなんだから家とか無理ジャンwww」と言いつつ、周りを見渡す。
すると、郊外に25000ドルと、手ごろなお家が!!!
これなら買える!と、伊野ちゃん&岡井ちゃんは郊外に移り住みました。

ちなみにタワマンは80000ドル。伊野尾さん家の3.2倍!

 

【人生統括】

・桐山君

結婚前に、初任給で両親にプレゼントしたり、婚約者に給与の2倍する指輪を送ったりする照史君。
ご祝儀貧乏も重なり、まさかの結婚前に借金をする事態に。その上、高木君をお迎えした自分の祝儀は貰わないという聖人君子ぶり。

この時点で、桐山さんに良い子なイメージつきすぎて、桐山さんに良い事起こると皆で拍手する状態。アイドルか。特に盛り上がったのは、パートナーから結婚記念日のプレゼントをもらった時!!「ゅぅゃいい子!!」と高木君の評価も、ウナギのぼり。

職業ステップアップして人気パティシエになるも、転職のチャンスに工芸職人(これも似合う~!!!)へ転身。

堅実な職業、安定的なお給料があるにも関わらず、やっぱり、橋を直したり、知らない孫にランドセル買ったりする、世のため人のためを尽くした桐山&高木ごくせん3期ペア。
きっと、仲間由紀恵さんasやんくみも草葉の陰から泣いて喜んでいることでしょう。お財布の中身がちょっと(?)少ないことも含めて。

 

・伊野尾君

「伊野尾に職業を…!!!」と言う、伊野尾坦の叫びむなしく、キャリア的には全く評価がありませんでした。
桐山さんがステップアップする際に「フリーターは!?フリーターのステップアップはないの!?」と、がっついたにも関わらず、です。でも、最近頑張りすぎてる伊野尾君には、これぐらいの方がいいのでは?と個人的には思ったりも。

とにかく、キャリア的には恵まれなかった伊野尾君ですが、岡井ちゃんとの生活は楽しかったらしく、子宝に恵まれました。3人ですよ!3人!

「子どもうまれたって!!」「すごいすごい」「誰乗せる!?」
「ぇー?これは、もう勝利しかいないじゃん」

「双子うまれたって!!」「すごいすごい!!」
「双子は聡マリしかないじゃん!!!」

f:id:coltreesky:20170512013225j:plain

コマがめいっぱいになったので、親と子どものコマをわけることに。
大所帯で移動です。

ハーフのマリウスのために、櫻井さんが1000ドルで押しかけ家庭教師に来てくれたり、夫婦で温泉旅行に行ったりとちまちまと小金を使っていたフリーター伊野尾君ですが、財源はどうやらのよう。
えいや!と買った株が、株チャレンジというマスにて大当てたり、株価があがり配当貰ったり。

「これ、あれかな?岡井ちゃんが先を見越してる感じ?」
「岡井ちゃんはそういう感じよりは、わーー!株ってすごいんだねー!って言っちゃう感じ」
「じゃあ、尻にしかれつつも、伊野尾さんが後ろでバックアップする感じかな。」
「二人ですっごいね~って適当な事言ってるかも?」

とにかく仲良し。

また、この子供たちがかなり持っていたらしく終盤それぞれ家計を助けてました。

勝利「お宝のボードゲームを見つけたよ」
マリウス「新しい惑星見つけたよ^^マリウス星って名前にしマリウス^^」
聡ちゃん「レストランをプロデュースしたよ!」*4

賑やかだし楽しそうだし、持ってないのは職業だけという伊野尾君の人生でした。

 

・小山さん

お待たせしました、パリピなコヤシゲコンビ。我らを最高に沸かしてくれました。
まず、二人合流した後すぐにカラオケでストレス発散させましたからね!?

小山坦「何のストレスがあるんだよ~~~!」

プレーヤーのみ悲観してますが、本人達はタワマン最上階でとっても楽しんでるよう。
その財源は、宇宙人から貰ったプレゼントだったり、他プレーヤーへのおねだりです。最低だ!!!!

「マッスー!お金貸して~!!」
「ちょ!何言ってるの」
「マジで困ってて…」
「わかったよ。でも、絶対に翔クンに内緒だよ!?」

というやりとりのあと、増田さんのへそくりゲット。その時点でどう見ても所持金1位だったし、他プレーヤーが伊野尾君・桐山君と後輩なので櫻井さんにねだるのは自然の流れですが。コヤシゲェ…。

途中までは「小山さんに定職を!」と頑張ってた小山坦も、ツッコミつつも楽しんでたようで、場のお宝をどれでもいいので選んでいいという、お宝チャレンジマスに止まるころには、コヤシゲに流されたパリピのノリ。

「この小山さんなら、豪華クルーザー選びそう」「ちょwww」「似合うwww」
「あ、いいじゃん!シゲも釣りできるし!」
「でも、火星ロケットもシゲ選びそう~」「わかる~!」
「でも、これあくまで小山さんの人生だからね!!」

シゲが大物釣ったり、レストランのプロデュースしたり地道(?)に稼ぐ箇所もあったけど他人頼みのイメージが強かったです。さすが、コミュ力めっちゃある・人たらしの小山さん。

フリーターなのにタワマンに住んで、豪華クルーザーを所持してる。これだけ聞くとただのセレブですよ!セレブ。そんな人生を送りました。

 

・櫻井さん

1番に人生が始まったものの途中から急に歩みの遅くなった櫻井さん。

コヤシゲにおねだりされたパートナーの増田さんは、その後家庭菜園で翔さんにばれずにお金を取り戻し、自身も家庭教師等でちまちま小金を稼ぎ、ステップアップして建築家へ。
子宝(増田さんとリアル仲良し、先輩を敬ってくれる中丸さん)にも恵まれました。
さらに、小山さんも止まったお宝マスにて、建築家櫻井翔がデザインしたという設定で、オペラハウスをゲット。息子(中丸君)に、仕事(建築家)を、形(オペラハウス)として残す、まさにパーフェクト。

その後プレーヤー全員でじゃんけんをし、勝った人が好きなお宝をゲットするというマスに止まり、サイン入りシューズを目標にじゃんけんするも、

コヤシゲ「火星ロケットをゲットだ~~~!!」

とコヤシゲにチャンスを作るという形になってしまいました。パーフェクトじゃない。これが櫻井さんの逆鱗に触れたか知りませんが、コヤシゲは最後の最後で火星に飛ぶことになります。(この火星へ行く、がゲーム中で一番損失の大きいマス)
火星にとんだ際に「火星ロケットのせいでしょ、間違いなくwww」と言った櫻井担は私です。だって(メッシの)サイン入りシューズを翔さんにあげたかったんだもん!

順風満帆に見える人生ですが、実はバナナに転び、馬鹿高い治療費支払ってます。ドリアラ*5のコマ使ったからか。翔さん、痛い目に合わせて本当にごめんなさい。

その他、大学入り直したりして(翔さんってどこ行くの?!ハーバード!?)何故か老後に小金を使いたがる櫻井。地味に持ち金を削る櫻井。

f:id:coltreesky:20170510224103j:plain

でも、火星には行きませんでした。

 

結果

1位 櫻井さん
2位 伊野尾くん
3位 小山さん
4位 桐山くん

という結果に。
恐ろしいは、小山さんが火星に行かなかったら2位だったという事。
定職のあった桐山くんと、パリピな小山さんの人生を比べると、♩幸せって何なの?by櫻井翔【Hey Yeah! 】♫っていう気持ちになりました。伊野尾さんは、職こそないけど幸せのように見えましたね。

 

~2回戦~

2回戦目はフィールドを大きくしてやってみました。壮観なんだけど、端っこがテーブルからはみ出ててしまって、コマを一同に並べることができずちょっと苦労しました。

f:id:coltreesky:20170512010506p:plain

それぞれコマ選びから。

①パリピな小山さんにシゲちゃんを差し出した桐山坦改め、うちわポスター複数買い上等!の加藤シゲアキ。満を持しての挑戦。
「シゲは自動車保険入ります!!」


②今度こそ伊野尾さんに建築家になってもらいたい!と、再び伊野尾君登場。
「あ、僕電車で移動するんで~保険いらないです~」
③パリピな小山さんの人生にテンションあがったものの多少の疲れを見せた図書委員は、最近一番なでなでしたいアイドル、岡本君を選択。
「岡本君は絶対入る!自動車保険入る!!安定志向!」

f:id:coltreesky:20170512010518j:plain


④アイドルとして発する言葉や考え方を大好きな手越君の人生を担いました!アスリート目指します!

f:id:coltreesky:20170512010540j:plain


「ちょwww手越、子供じゃんwwww」
「私が(金髪テゴも好きだけど)昔のいもテゴ好きって知ってるでしょー!!」
「この手越なら、自動車保険入りそうだね」
「お母さんに入りなさい、って言われそう」
「子供かwww」

 

【ゲーム序盤】
やはりルーレットは年齢順。

・加藤さん
「後先構わず家を買う」職が決まる前に家の購入チャンス!?後先構わ無さ過ぎでない!?
持ち金がほとんど初期状態ですが、シゲ、家買います!
先のゲームで伊野尾君が住んでた郊外の御家。購入ポイントはシゲは資産についてはそんなに冒険しないだろうというイメージと「屋根の色がメンカラだから♡」ということで。多少の借金はあったものの、郊外に緑のお家を構えました。
その後「漫画家になる」

「シゲならなりそう…」
「小説家だしね」
「ありだよね」
「あり」

→加藤さん:漫画家になる

・手越さん

アスリートを目指したテゴちゃん。急がばまわせってことでルーレットをもう1度回す。ゴミ拾いに参加したりする(報酬も貰う)ちょっと桐山さんとは違った意味で世のために動くテゴちゃん
教師になるチャンスが舞い降りるも、3進めばタレント、5進めば本命のアスリートがあったので、教師をあきらめルーレットをまわす!

「9だぁあああーーー!!!」

→手越さん:フリーターになる
まだだッ!まだ、チャンスはある!職が決まったのでテゴちゃんが少し大きくなったよ。

f:id:coltreesky:20170512010617j:plain


・伊野尾さん

さぁ、今度こそ建築家を目指しますよ。授業中に居眠りしつつ英会話教室に通ったり、引っ越ししたりする伊野尾さん。4ターンほどで、職を得る前に借金を得ました。…あれ……?
職業選択マスが固まっている(デザイナーもある)場所にて、テゴちゃん同様大きな数字を出し…。

→伊野尾さん:フリーターになる。

伊野尾担「伊野尾さんのモラトリアム期間長くない…?謳歌しすぎでない?」

・岡本君

まったりと幸せな道を祈られる岡本君。なんでか手越君についてきて同様にルーレットをもう1回回したりします。(手越君と岡本君は同じマスに止まることがすごく多かったです)
職業選択マスが固まってる場所にて唯一の職業選択でない「選挙に行く」マスに止まったり、なんかもうマイペース。ですが、その後。

→岡本君:タレントになる。

「お父さんの仕事また継いだのwww」
「ジュニアだwwwけいとがジュニアになったw」
「目指せデビュー!」

 

~パートナー選び~

最早パートナー選びと化した結婚マス。誰を迎えるのかワクワクするプレーヤー。一人くらいジャニオタらしく、結婚とか…もぅマヂ無理…とか言ってよ。
落ち込むのが職業に就いてないことって、どんだけリアルだよ!(テゴちゃんといのちゃん)

このマス一番乗りはシゲちゃん。
後述しますが、先のパリピ人生が何だったの!?というくらい、安定で文化的で楽しい生活を送ってました。どんな人迎えても、このシゲちゃんなら恥ずかしくない!
ってことで迎えました。

 

f:id:coltreesky:20170512010922j:plain


シゲちゃん。(あれ??さっき小山さんの隣で見たような?)
シゲアキさんなら、何人いてもいい!!!というシゲ坦さんの強い意志でこのコマは成立しております。シゲ好きなら皆ハッピーになる。まさにシゲSHIGE成コマ。
3人目のシゲアキさんは、子ども生まれるマスにてお迎えしたシゲちゃんです。
「まだシゲいるから!!!子ども増えても大丈夫!!」

 

岡本君のパートナーは考えれば考えるほど、山田君しかいないんだけど、シゲはあんなにいたのに山田君いなくて…。
同じグループの八乙女君をお迎えしました。二人でデビューを目指して貰いましょう。
あ、これに知念ちゃんが加わればSay!チーム*6ですね!

f:id:coltreesky:20170512011036j:plain

手越君は増田さん…ではなく、けんてぃーこと中島健人君をお迎え。
チーム王子、というか堂本光一さんが大喜びしそうなコンビ。テゴちゃんはスポーツ分野で、けんてぃーはアイドルとして共働きで頑張る設定。
男をあげたからちょっとパーマをかけてみたよ。

最後の最後でパートナー選びをした伊野尾さん。

「いーの?おっけー!」のギャグを考えてくれました、田口君を迎えてくれました。
ギャンブルの入り口マスにて伊野尾担は
「入口!出口!田口でーす!」
ってやってくれました。嬉しい…!

f:id:coltreesky:20170512011124j:plain

全体的に異色と言えば異色になった組み合わせ。なんか雑誌の対談コーナーみたいだ。さて、それぞれどんな人生を送ったのでしょう?

 

【人生統括】

・手越君

恋人?けんてぃーへのメールを上司に誤送信したり何かとアクシデントに見舞われるテゴちゃん。御給料日には何故か小さい数しか出さないテゴちゃん成長とともに軽くなっていくテゴちゃんのお財布。本当ごめんんん!!!

人力飛行機で新記録を出したりマラソンで優勝したりと出来るアスリートぶりを発揮するものの、職業自由マスに止まることができず、結局動けるフリーターとして人生を終えました
プレーヤーの運なのか何か知らないけど、櫻井さん同様にバナナで転ばせてしまってご本当ごめんね…。たぶん、これでアスリート人生終わったんだね…。
なんとか決算日までに借金は返し、少々のプラスになったお金で億万長者の土地を目指したものの、大学に入り直したり(スポーツトレーナーになろうと思ったのか?)、けんてぃーのユニークな発明(恐らく、ラブホリ語録)で特許を取得したりして、ゲーム終了時の手持ちはほぼ0。
最終金額25万ドルのうち、24万ドルは将来「アスリートになるから!」と豪語して購入したタワマン(8万)の査定金額という事実。あの頃は夢があったんだ…。

全体的にテゴちゃんごめんんん!!!!!な人生になってしましました…。本当ごめん。ごめんなさい。

随所随所でコマは交換しました。これがテゴちゃん編纂です。

 

f:id:coltreesky:20170512011338j:plain

→コマが笑顔じゃなかったから、アスリートになれなかったのかな…。

 

・岡本君

父のステージ衣装を入手しようと頑張ったジュニアの岡本けいと。結局それは果たせぬ夢となりましたが、八乙女君と協力して一歩一歩デビューを目指します。
タレントの給料も、フリーター同様ルーレットのマス目で決まるのですが、初期は1~5しか出さなかった岡本坦は後半は8~10を出してました。
「もう、これジュニアのトップだよ!!!」「デビュー間近!」
と盛り上がるものの…ランクアップに失敗し!!ジュニアのトップとしてタレント人生を終えました。

手越担同様に、ひたすら岡本担も謝ってました。

その後双子が生まれ、双子と言えば聡マリ!と、聡マリの二人を連れて大所帯で移動します。

f:id:coltreesky:20170512011456j:plain

いや、待て。ジュニアに双子とか、スキャンダル過ぎる!!きっとこれは、岡本八乙女コンビで聡マリちゃんのプロデュースを任されたんですよ!!!トップジュニアになるとそんな仕事もあるんだね、大変。

お仕事面は上記のように充実してたものの、プライベートではトラブルメーカーぶりを他プレーヤーに発揮増税マスに止まって、場にいるメンバー全てから10,000ドルを喪失させるという好感度ダダ下がりイベントを起こしてくれました。

しかしその後にお家を火事で焼失。他プレーヤーの同情を一手に引き受けました。

f:id:coltreesky:20170512011607j:plain

元岡本家。焼け野原になってしまいました。
火災保険で戻ってきた分があったりその他ギャンブルで一山あてたりと資産的には危なげはなかったんですが、この焼け野原は不幸の極み、という感じですね。アイドルという職業柄か全体的に周りの目が忙しかった、岡本君の人生です。(なんか、けいとっぽいよね…)

 

・加藤さん

「クイズ番組にでて優勝するシゲ」「シゲっぽいー!」
「ハイテクカメラを入手するシゲ」「シゲっぽいー!」
「カフェ店長になれる」「シゲならなれそうー!」「読モシゲじゃーん!」
「工芸職人になれる」「シゲならなれそうー!」

と、何に止まってもこなせそうなシゲちゃん。

「シゲが多趣味すぎて…!なんでもできる…!!!」

羨ましがったのは、シゲ坦ではなく他プレーヤーです。シゲ有能だー!!!
初志貫徹なのか、何回か転職のチャンスがあったものの漫画家にこだわったシゲ×3。しかし、ランクアップチャンスに失敗し、売れっ子漫画家の道に壁が立ちふさがります。その後、
ストレスで甘いものを食べすぎるシゲ」「シゲ…大丈夫…?」
これをシゲ担は重要な事だと判断したのかシゲは漫画家からエンジニアに転職します。
これが功をなしたのか、この後のシゲは全体的にお金をもらうマスに止まります。株もゲットし、堅実な人生を歩む、さすがシゲ×3。

しかしそこへ、増税を招いた岡本君。

「株価が下がる。株の持ち主全員が株券1枚につき10,000ずつ払う」
岡本君「ごめんね、シゲ」

ゲーム序盤にて書きましたが、手越君と岡本君はなぜか一緒のマスに止まりたがりました。

「株価が下がる。株の持ち主全員が株券1枚につき10,000ずつ払う」
手越君「てごぺろ~~」

ちなみにこの時点で、フリーターてごにゃん&岡本君は株を所持しておらず、実質的にダメージを食らったのはシゲちゃんのみ。(伊野尾君はかなり歩みが遅く、この時点で株を買う選択肢にすら辿りついてませんでした)

1ターンもしないうちに40,000ドルを失ったシゲアキ。そこへ

シゲアキ「株価が下がる。株の持ち主全員が株券1枚につき10,000ずつ払う」

 

f:id:coltreesky:20170512011813j:plain

落ち込むシゲアキ。(後ろに焼けた岡本家が見える)

その後はそんなに散財せず…;;堅実に歩むも、トータルで見ると株の怖さを知った人生になりました。

 

・伊野尾君

シゲが株に落ち込んでいるころ、伊野尾君はマイペースに人生を歩んでました。
他プレーヤーから遅れることほぼ半周。どうした、伊野尾君。君のルーレットは5~10が出ないのか!?止まったマスも「趣味に没頭しすぎて時間を忘れる」「終電に乗り遅れる」等、時間にマイペースなマスが多かったです。
伊野尾坦「モラトリアム長すぎない?」

ちなみに彼女はルーレットの度に「伊野尾に職を…!!!」と言い続けてました。

伊野尾田口ペアでは、建築家に成れないと判断したのか、子宝マスに導かれることに。
「勝利の子を…」と言いながら、やたら勝利を迎えたがる伊野尾担。
確かセクゾでは、聡ちゃん押しじゃなかったっけか!?


伊野尾・田口ペアに、勝利が一堂に会すコマが登場。

美形度ぱねぇえええ!!!美形のオーケストラ!!タイプの違う美形がこっちに向かってくる!!!(進行方向的に私側にコマがやってくる状態)

 

なんと!勝利が導いてくれたのは職業選択自由マス。伊野尾さんが選ぶのはただ一つ「デザイナー」。

建築家の卵、デザイナーになった伊野尾さん!!!!!一同拍手!!!!
(デザイナーになり定額給料があるにも関わらず、給料日にルーレットを回そうとする伊野尾担にフリーターの苦労を見ました)

f:id:coltreesky:20170512012115j:plain

この後に交通事故にあっちゃう伊野尾さん!!!?

自動車保険あれば大丈夫だって!!!」
「自動車・・・保険・・・??」

思い出してほしい、始めた時になんと言ったか。

伊野尾坦「伊野尾~~~~!!いつ免許取ったんだ~~~~!!!?」

プレーヤーの知らないうちに免許を取得し、事故にあっちゃう伊野尾君。マイペースすぎ。

田口「交通事故にあって、いーの?」
伊野尾「おっけー!じゃないですよ~僕だって痛いの嫌ですし~」

本当、オッケーじゃないんだ。事故の治療費やそれまでの積み重ねから、デザイナーになった伊野尾君の手元には借金が積み重なっている。(開始4ターンで借金してたくらいだからね…)

ギャンブルゾーンという、心臓に悪すぎるゾーンで入場料を払うものの負け続ける伊野尾君。
プレーヤーそれぞれ強制徴収により、場にたまった5000ドルの束。ルーレットで大きい目を出した人がもらえる、という事だったのですが、それも、引きの強い岡本君が手にして(この手のプレーヤーで勝負するものは、小山&岡本を有した子が全て入手しました。)いよいよ開拓地か…!?という流れに。

最後のギャンブルは、自分で数を指定しルーレットを回すというもの。

伊野尾坦「もういいよ…。伊野尾は頑張ったよ。デザイナーになったし。本当申し訳ないよ…伊野尾ごめん……」
お葬式状態の伊野尾坦。
「頑張りなよ!」と億万長者の土地でルーレットを回し続ける他プレーヤー。(温度差)
「じゃあ…6と2でお願いします…」*7

 

 

 

 

 

「ろくぅううぅうううーーーーー!!!!!」

賞金200,000ドル(伊野尾岡井ペアの住んだ家の約10倍)をゲットし、借金を返済する伊野尾さんの美形ご一家

f:id:coltreesky:20170512012811j:plain

(後ろに落ち込むシゲアキと焼けた岡本家が見える)

その後は、マリウス星をもう一度見つけたり、いつの間にか貰ってた株が高値で売れ、波乱万丈ながらも、最終的にはかなり高額資産を有してゴールされました。

 

結果

1位 加藤さん
2位 伊野尾くん
3位 岡本くん
4位 手越くん

という結果に。
色々はぶいてますが各々自担にふがいない思いをさせながらも、火星に行くことなく無事億万長者の土地にたどり着きました。伊野尾君だけ、違うゲームをしていたような気もしないでもなかったかな。

 

 

 

いやー!!!あそんだ!あそんだ!!!
色々な人生があるなぁと考えさせられました。目指す人生を歩んだりそうでもなかったり。心臓に悪い面もあったりしましたが、非常に楽しかったです!!!!最終的にまとめるなら「人生は素晴らしいbyジャニーズWEST」ですかね。他メンバーを巻き込んだりするコマがあるとコマ同士の関係を考えるので(おねだりとか)楽しかったです!お付き合いしてくれた友人の皆様、本当にありがとうございました。

次回があれば是非テゴちゃんをアスリートにしてあげたい。自力でランボルギーニ乗らせてあげたいです。

 

ここまで読んで下さった方、本当に本当にありがとうございました。もしご興味ありましたらろじこ様の記事を読んで是非ぜひぜひやってみて下さい!本当に楽しかったです!!

*1:建築学科卒業の伊野尾君。製図が書けるアイドル。

*2:家や建築、旅行等についてまとめてる月刊誌Casa BRUTUS。「櫻井翔のケンチクを学ぶ旅」連載。

*3:ジャニーズWEST中間淳太

*4:Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 STAGEのグッズ(くまちゃん)をデザインしたので。

*5:「ARASHI Marks2008 Dream-A-live」。櫻井さんが骨折するもステージを降りることなくやり遂げた話は後追いの私が知ってるくらい有名な話。

*6:JUMPartyの3・4回目のチーム。3人に分かれてます。

*7:伊野尾君の誕生日は6月22日